Make your own free website on Tripod.com
目的:今後の生徒会運営を円滑に進めるために現行における生徒会組織を見直し、修正する。又、これにより一般生徒の生徒会に対する関心を喚起することとなれば恩倖、これに過ぎたるはない。

  詳細説明:当改編案の格子は以下の通りである。

1.記録常任委員会の廃止
 現状に於いて記録常任委員会の職務は代議員会議事録の作成及び瑞頃派誌の作成とあるが、これらの職務はそれぞれ議長団書記と生徒会書記が行っており、又新たな職域の模索が図られたが、その職務も執行部の行ってきたことを委譲したに過ぎない。このまま事態を放置するならば生徒会運営に支障をきたしかねない。事態が悪化する前に我々の取りうる最善の策は記録常任委員会を廃止し、その職務を他の機関に移譲すべきであると認む。

2.同委員会職務の移譲
 同委員会を廃止した場合、その主な職務は以下のように移譲する。
   @ 代議員会議事録の作成 → 議長団書記
   A 瑞頃派誌の作成    → 執行部(書記)

※ その他の職務については適宜移譲する。

3.元老院(仮称)の設置
 現状における生徒会の基盤は脆弱を極めており、各々の職種に於いて前任者が不在であるなど様々な理由によりその職務の引継ぎが完璧とは言い切れない。又、生徒会として決めた活動方針の遂行もまた完璧とは言い切れない。この両者を補う為に在校生のうち瑞陵高等学校生徒会役員ないしは常任・特別委員会委員長の経験者で組織する執行委員会の上層組織として『元老院』の設置を提言する。
 但し、『元老院』と言う名称はあくまで説明の容易さから用いた呼称で、これの他に考え得る呼称としては『元帥府』や『最高政策指導会議(最策導)』などがある。
 この組織は執行委員会の上層組織として存在し、執行委員会内に於いて賛否が分かれた場合などにその最終決定を行い、又、政策の実現に寄与することを目的とする。さらに、執行委員会が機能しなくなった場合、これに代わり生徒会の政策実施を代行をも行う。この組織には執行委員会決議への否決権を持ち、元老院議員の全員一致の場合に於いてのみこれを行使できるものとする。

4.クラブ連絡会、クラブ審議委員会、CAP会の各々の位置付け
 現状に於いてこの3組織はその存在感が無いに等しいと言ってよい。だから位置づけをする。

5.監査機関について
 部活動の監察機関として、抜き打ちの監察には各部活動は、おとなしくこれに従わなくてはいけない。監察に関し従わなかったり、隠匿、虚偽報告が発覚した場合は、この部活の次年度の予算折衝への参加を禁止する、等の制裁を加える。監察委員会には、当事部活動関係者以外の外部監察官を置き公正を期すようにする。この監察委員会は通年委員会とし、構成員は、元老院関係者と、執行委員会が任命した人間に限る。この委員会の構成員は、守秘義務を負う。これに反した場合は、元老院において処罰を決定する。CAP会の決定は執行委員会に拒否権を持たせる。部活動は執行委員会が発する、緊急統制管理命令に絶対服従する義務を負う。承認しない部活動はこれを取り潰すことも出来る。承認する部活は予算折衝に参加する権利を得る。

6.監察機関の設置
 生徒の勝手な行動を是正し、生徒会の指導に従わせ、強権警察国家的生徒会を設立する。自由な校風とは、生徒会が与えた枠の中でのみ有効である。それを逸脱した行為をする、反改革的分子は徹底的に弾圧する。

 ≪監察機関組織≫
 ・最高監察委員会…元老院直轄機関。各監察部からの監査報告を受け、監査方針を決定する。
  ・第1監察部…部活動の財務状況等々現状の調査。 
  ・第2監察部…一般監察。
  ・特務監察部…反改革分子の摘発及び転向

7.生徒会職種階級制度
 集団意識及び組織の運営を円滑に行う為に原則として以下の様に階級を定める。

将官

大将

生徒会会長

中将

生徒会副会長、特務監査部長

少将

生徒会書記、第一・第二監査部長

准将

生徒会会計、佐官職を2職以上兼務する者、生徒会会長の任命による民間よりの登用者

佐官

大佐

各委員会委員長、議長団議長

中佐

各委員会副委員長、議長団副議長

少佐

議長団書記

尉官

大尉

3年代議員、特別委員会各パート長

中尉

2年代議員

少尉

1年代議員、各特別委員会委員

士官候補生

一年生生徒会役員又はそれに準ずる者


※ 昇進は生徒会長の一存又は、元老院の決定による。役員退役者は元老院最高統合幕僚会議に於いて認証された者のみ、退役時階級のまま、元帥称号を与えられ元老となる。
※ 原則として元老院最高統合幕僚会議に於いて決議されない限り、降格はない。
生徒会組織改編裏案

コードナンバー:PSI-10004
作成者:平成十二年度生徒会会長
    同年度総務常任委員会委員長

2000/12/23 作成

分類:
第零種超甲種機密
戻る

Copyright c 2002 磯麓 All Rights Reserved