Make your own free website on Tripod.com
刀剣の基礎知識
刀剣の歴史

 上古刀と言われる平安中期以前の刀剣は切刃造りの直刀(反りの無い真っ直ぐな刀)である。それが平安中期の過渡期を経て、ほぼ平安後期には日本刀独特の鎬作り湾刀(反りのある刀)が完成している。平安末期、鎌倉初期の太刀姿の特色は、長さがほぼ、二尺五、六寸(78センチ位)で、元幅が広く、先の方が細くなる姿であり、腰元が強く反り返り、先の方でそりが浅い姿である。それが鎌倉中期となると身幅、重ね(厚さ)ともに豪壮となる。末期には大振りのものが現れ、南北朝時代には三尺(90センチ程)に近い大太刀も見られるようになる。
この大太刀とは逆に、南北朝後期より打刀が出現し始め、室町期に至ると太刀に替わって打刀が流行する(これ以前の太刀は刃を下にして腰に佩き、打刀は刃を上にして腰に差すものである)。室町中期から後期にかけては二尺前後で先反り片手打ちの姿のものが多く造られた。しかし、この姿も室町末期や桃山時代に近くなると、姿が延びだし、片手打ちは廃れていった。
 安土桃山時代から江戸時代の慶長の頃までは、当時の豪放な気風が全ての文化に表れ、刀も幅広に元身幅と先身幅の差の無い大切先のそりの浅い豪刀が好まれた。また、この期以前と以降では原料となる鉄の趣が異なり、この期以前の刀を古刀、以降を新刀と呼んで区別している。
江戸時代の寛文の頃となると反りの少ない小切先の刀が登場する。また、この頃に出始めた刀・脇差に関する制約例により、刀は二尺八、九寸以下、脇差は一尺八寸以下に定められた。これにより、刀は二尺二、三寸が普通となり、短刀はほとんど製作されることがなくなってしまった。
 江戸時代の中期の泰平の世では刀の制作は少なくなり、姿も張りのある姿から全てにほどほどの姿のものとなった。江戸時代の後期になると、刀剣の復古主義により姿も大切先や強めのものなどが現れた。幕末ともなると、刀の反りが浅く、大切先の突っ立ち気味の武張った姿のものが登場した。しかし明治維新が起こり、明治3年に庶民の帯刀が禁止され、明治9年に廃刀令が発布される事により、刀はその役目を終える事となった。
刀剣の各部の名称


刀身の造り

主な刃紋の種類

切先の種類

日本刀の姿の変遷

Copyright c 2002 磯麓 All Rights Reserved