Make your own free website on Tripod.com
柳生心眼流武道伝系
柳生十兵衛 ― 竹永隼人 ― 小山左門行房(江戸系祖) ― 松尾織右門 ― 
前原源太左衛門 ― 岩本長左衛門 ― 大月興左衛門 ― 大島一学 ― 
星野天知 ― 山本和三郎 ― 伊藤伝治 ― 天野直(号:泰嵒)


柳生心眼流とは始めに蔵内藩士の羽州帯刀(所沢帯刀)が柳生五郎右衛門宗俊(石舟斎の子)から伝授を受けて、神眼流を開祖した。数伝のち、竹永隼人金治に至る。竹永は柳生但馬守宗矩に学び、師の許しを得て心眼流と称した(竹永以前の伝承に関しては不明確な点が多い)。これより後の小山左門行房が江戸に出て同流を教授した事により江戸系の派生を見る。伊藤伝治(号:泰山)宗家により尾張に伝わり今日に至る。


柳生心眼流には、甲冑、柔、小具足、捕手、捕縄、十手、鉄扇、大太刀、中太刀、小太刀、居合、短槍、薙刀、棒、鎖鎌の15種類の武芸を有して、それぞれの特徴を受けて宗家となっているので、柳生心眼流の宗家も多岐にわたっているが、その主眼とするところは、躰術、棒術、居合術を本流としており、これをもって直系本家と称している。

Copyright c 2002 磯麓 All Rights Reserved