Make your own free website on Tripod.com
柳生心眼流居合術の特徴
大きな特徴としては刀の一振り毎に気合をかけることである。また峰を上にした、いわゆる峰打ちで上段に構えて残身を観ること(逆上段)、血振りに刀身の柄を一回転させること(柄返し)、抜き付けの際に柄にかけた右手を開き、刀が抜け落ちる瞬間に右手を握り込み、斬撃の効果を高めるもの(小手返し)などが特徴として上げられる

Copyright c 2002 磯麓 All Rights Reserved